Latest news & reports

野生マカダミアの保護

1940年代、オーストラリアで育った少年、今はマカダミア産業のパイオニアであるイアン・マコナキーは、隣家のフェンスによじ登り、裏庭の木からマカダミアを盗み食いしていました。その時はまだ、マカダミアが彼のライフワークとなり、絶滅の危機に瀕した野生のマカダミアを保護するための彼の取り組みが、業界の未来にとって極めて重要となるとは思ってもいませんでした。 Read More >>

September 2022 market report

The 2022 global crop is forecast to be up 12% on the 2021 season, driven primarily by forecast increases in the South African and Chinese crops. This is despite Australia forecasting a 10% decrease compared with last season as a direct result of the severe weather and flooding in NSW and southeast Queensland. Read More >>

オーストラリア産マカダミア 49,340トン達成見込み

The Australian macadamia crop is on track to reach 49,340 tonnes in-shell @ 3.5% (52,900 tonnes in-shell @ 10% moisture). The original crop forecast of 54,930 tonnes in-shell @ 3.5% (58,900 tonnes in-shell @ 10% moisture) was reduced by 10% in late April following severe weather and flooding in NSW and South East Queensland. Read More >>

新たなCEOを迎えたオーストラリア・マカダミア産業

Australia’s macadamia industry is delighted to welcome Clare Hamilton-Bate to the role of Chief Executive Officer following the departure of Jolyon Burnett last month after 14 years at the helm. Clare comes to the position with a background in horticultural science, and extensive experience in executive roles in all sectors of horticulture, from farm to consumer, as well as industry and association management in the UK, Australia and internationally. Read More >>

韓国のクロスブランドコラボレーションにより、オーストラリア産マカダミアの認知度が向上

韓国に輸入されるマカダミアの99%がオーストラリア産であり、オーストラリア・マカダミア産業にとっても重要な市場です。これまで、マカダミアは主にスナック菓子、特にデイリーナッツミックスに使用されてきましたが、最近では他の食品・飲料製品の原料としても使用されるようになりました。 Read More >>

June 2022 market report

2022年のグローバル収穫量は、二か所の最大産地での厳しい天候の影響にもかかわらず、2021年シーズンより6.4%増加と予測されています。オーストラリアの2022年シーズンの初期の収穫予測では、水分3.5%の殻付き54,930トン(水分10%の殻付き58,900トン)を予測していました。しかし、ニューサウスウエールズ 州と南東クイーンズランド州での悪天候と洪水により、5月にはこの予想から10%減っています。修正後の予測は、水分3.5%で殻付き49,340トン(水分10%で殻付き52,900トン)です。ニューサウスウエールズ州の生産者が最も大きな影響を受けており、2回の洪水に続く長雨が収穫をより困難なものにしています。一方、一部の地域で洪水が発生したにもかかわらず、南アフリカは最近、水分3.5%の殻付きで57,723トンから61,288トンに予測を増やしています。 Read More >>

インド市場を割る:なぜ今、オーストラリア産マカダミアなのか

オーストラリア・マカダミア産業は、ここ数年、世界的な供給増が予想される中、マカダミアの需要喚起に力を注いできました。新規市場開拓はこの戦略に欠かせない要素であり、オーストラリアの産業は中国と韓国で新規市場開拓プログラムを実施、消費者にマカダミアを紹介するとともに、両市場の自由貿易協定(FTA)を活用して成功を収めています。 Read More >>

新商品「バンダバーグ キャンプファイヤーラム」の主原料はオーストラリア産マカダミア

オーストラリアを代表するアルコール飲料ブランドであるバンダバーグ・ラムは、オーストラリアのもう一つの象徴であるマカダミアを使用した新しい限定商品「キャンプファイヤーラム」を発売しました。世界的にも賞を受賞しているバンダバーグは、オーストラリアの冬の始まりに合わせ、寒い夜に暖かい火を囲むのに最適な商品として、この商品を発表しました。 Read More >>
1 2 3 18

Videos

SUBSCRIBE TO THE MACADAMIA REVIEW

and be the first to know about the latest news from the Australian macadamia industry.

    • 当協会から返信させていただくため、貴方様の個人情報を取り扱わせていただく ことに同意をお願いいたします。当協会のプライバシー・ポリシーをご覧くださ い。