廃棄物を考える:マカダミアの殻が炭素排出量削減へ貢献

急速に変化する昨今、持続可能性を求める声がかつてないほど高まっています‐特に食料生産に関しては。世界中の企業、政府、消費者が、大なり小なり自らの選択が環境に与える影響について考え、取り組んでいます。

ミンテル社による調査「2023年サステナビリティの展望」¹において、CO2排出量と石炭消費量の増加、異常気象による経済的・人道的打撃が消費者に試練をもたらし、今や50%以上が自国が気候変動により大変な想いをしている、と回答していると述べている。その結果、消費者にとって持続可能性は、もはや 「プレミアムな、あるといいもの」ではなく、むしろ 「健康と財布に影響を与える 」現実的な課題になっています。

オーストラリアのマカダミア産業にとって、持続可能な生産は最優先事項であり、生産者も加工業者も、可能な限り生態系に配慮した方法で世界最高のマカダミアの生産を目指し、一貫して努力してきました。

マカダミア生産には、水や炭素、生物多様性や生物制御まで、持続可能性といえるさまざまな要素があります。特に革新的な考えとして捉えられているのが、農園内での廃棄物管理。マカダミアの殻を家庭用品から燃料、バイオ炭に至るまで、あらゆるものに利用する方法です。

オーストラリアのマカダミア生産過程の副産物がどうなるのか、生産者が廃棄物がでないよう何をしているのか、そしてオーストラリアの企業が開発した、マカダミアの殻が気候変動緩和策の一部になるような技術を開発したオーストラリアの企業について詳しく見ていきましょう。

埋め立て処分はしない

生産者は、マカダミアの木や実のあらゆる部分を再利用またはリサイクルし、埋め立て処分されることはありません。 

枝や葉などの有機物は木の下の土に戻され、育った土地の土に戻ります。マカダミアナッツの柔らかい外皮は堆肥として利用し、栄養分豊かな土壌を作ります。

マカダミアの殻は貴重な資源であり、殻を割った後、発電用などさまざまな方法で再利用することができます。また、殻は建築製品、家庭用品、カーボンフィルター、工業用ナノ粉末の製造にも使用できます。マカダミアの殻から得られる医療用炭は、中毒の効果的な病院治療として使用されています。

マカダミアの殻:バイオ炭のヒーロー

オーストラリアのエンジニアリング会社Pyrocal社(パイロカル)は、農業や林業から排出される廃棄物バイオマス(原料とも呼ばれる)や下水処理から出るバイオソリッドをバイオ炭に変える工業規模のバイオ炭製造システムを完成させるのに約10年を費やしました。これは、廃棄物の量と温室効果ガスの排出量を削減すると同時に、価値ある製品を生み出し、組織がカーボン・オフセット・クレジットを申請する道を開く可能性をもったプロセスです。

バイオ炭とは何でしょうか?国際バイオ炭イニシアチブは、バイオ炭を「酸素の少ない環境でバイオマスを熱化学的に炭化し、得られる固形物」と定義しています。木炭は主に燃料として使用されますが、バイオ炭の主な用途は土壌の質を改善し、”自然に分解され温室効果ガスとなるバイオマスからの排出を削減すること “なのです。

バイオ炭は通常、農業経営者や堆肥製造業者向けに販売され、2023年から2032年2までの複合年間成長率は11.14%と予測され、世界的に発展している市場と言えます。土壌に施用すると、植物の活力、土壌の保水力、養分の保持力が高まります。また、「環境に優しい」コンクリートを作るために建設現場で使用したり、重金属の濾過を助ける能力が鉱山現場のリハビリテーションに使用することもできます。

Pyrocal社は、木の剪定枝、ココナッツの殻、生ごみなど、さまざまな種類の廃棄物バイオマスがバイオ炭に変換できることを発見しました。

「マカダミアの殻は、われわれのヒーロー原料です」と、パイロカル社のコミュニケーション&カーボン・マーケット・マネージャーのエマ・グリーンハッチ氏は言います。「マカダミアはもともと炭素含有量が85%と高いのです。また、とても固くてなかなか壊れません。1トンのマカダミア殻バイオ炭を生産するごとに、2.5トンから3トンの二酸化炭素が大気から除去されます」。

エマ氏によると、マカダミア殻バイオ炭がこれほど強力な炭素隔離ツールとなっているのは、その耐久性とのこと。

マカダミア殻から生産されたバイオ炭

「マカダミア殻を土の上に放置して自然に分解させるだけでは、分解過程で自然に発生する炭素が大気中に排出されてしまいます。殻は最終的には分解され土に戻りますが、耐久性のある形ではありません。それに対して、私たちの変換プロセスに殻をかけると、バイオ炭になり、炭素が大気中に放出されるのではなく、耐久性の高い形で何百年も保持されるのです」と彼女は言います。

また、バイオ炭は非常に多孔質で、気泡が開いた構造をしているため、効果的にスポンジのような役割を果たし、保水性に優れている。「これは干ばつ時の節水に役立ちます」とエマは言う。「この細胞構造は、土壌のマイクロバイオームにとっても素晴らしい栄養素を保持する。

廃棄物の再定義

パイロカル社は、このシステムの優れた点は、廃棄物(定義上、不要で使えないもの)を価値あるものに変化させることだと言います。

「私たちの技術は、単に堆肥にしたり、家畜の飼料にしたりする以上の価値を生み出すことができます。マカダミアの殻やその他の原料からバイオ炭を作ることで、企業は3つの利益を得ることができるでしょう。 まず一つに、生産されたバイオ炭は、適切であれば自社の事業で使用することもできるし、他の農業経営者に販売することもできる。第二に、バイオ炭を生成する際に発生する熱を他の工程に利用することで、効果的にエネルギーを節約することができる。そして最後に、生成されたバイオ炭を販売することで、カーボン・オフセット・クレジットを請求できるチャンスがあります。」

The Pyrocal team in front of its biochar production system

パイロカル社は、クイーンズランド州の実証プラントを通じて、マカダミア殻バイオ炭の生産からバイオ炭の利用までのライフサイクル分析を徹底的に行いました。

「私たちのシステムは、マカダミア殻をバイオ炭に加工する際に排出される二酸化炭素を最小限に抑えています。

「マカダミアの殻を、穀粒を収益源とするのと同じように、収益を生み出すメカニズムとして捉えるのです。排出量を効果的に最小限に抑えることができ、地球にも優しく、企業レベルの利益も得られるので、Win-Winなのです」。


  1. Mintel Group Limited, 2023 Outlook on Sustainability: A Consumer Study
  2. Precedence Research, Biochar Market: Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, Regional Outlook, and Forecast 2023-2032

月間 Eニュースレター

「マカダミア・レビュー」に登録
  • このフォームを送信は、貴様にご連絡させていただくための個人情報収集であることに同意されたとみなします。詳しくは、プライバシーポリシーをご覧ください。 privacy policy

ニュース&レポート

See more news

オーストラリアのマカダミア収穫を支える人々

オーストラリアのマカダミア産業は、国の東海岸に広がる豊かで肥沃な栽培地域を中心に、約800の生産者で成り立っています。ちょうど今の時期は、収穫作業が一年で最も忙しい時期。

俗説の払拭:科学的研究により、ナッツと体重増加の真実を確認

食生活トレンドが常に変動する世の中で、揺るぎない事実があります:ナッツは栄養価が高く、風味、食感、健康上の利点が揃っていること。食の魅力と利点が証明されているにもかかわらず、ナッツが体重増加につながるという根拠のない誤解が根強くあります。しかし、最近の科学的研究の数々が、この神話を否定しているのです。

抽出から革新へ:マカデミアオイルが料理と化粧品のヒーローである理由

マカダミアオイルはしばしば「黄金の液体」と表現されますが、その健康効果と多様性を詳しく見てみると、その由来がよくわかります。コレステロール、ナトリウム、糖分、トランス脂肪酸を含まず、ビタミンE、心臓に良い一価不飽和脂肪酸、パルミトレイン酸、植物ステロールの供給源でもあるマカダミアオイルは、家庭のキッチンや食品だけでなく、アンチエイジング・スキンケアにも使える万能オイルなのです。 

SUBSCRIBE TO THE MACADAMIA REVIEW

and be the first to know about the latest news from the Australian macadamia industry.

  • このフォームを送信は、貴様にご連絡させていただくための個人情報収集であることに同意されたとみなします。詳しくは、プライバシーポリシーをご覧ください。 privacy policy