「マカダミア・チェンジ・メーカー」新たなキャンペーン

「木の魔術師」と呼ばれる、マーク・ハリソン氏。問題解決者、アーティスト、家具職人でもある彼の手にかかると、マカダミアの殻と木材は魅力的で美しいオブジェに早変わり。今では「Husque(ハスク)」というオリジナル・ブランドとしてオーストラリアのアイコンとなっています。

オーストラリア・マカダミアが展開する新たな消費者キャンペーンは、このマーク氏のストーリーに基づいています。「マカダミア・チェンジ・メーカーズ」と名付けられたこのキャンペーンは、マカダミアを創造的で、生活をより豊かに彩るような使い方をするオーストラリアのブランドや成功者にスポットライトを当てています。

1回目のキャンペーン動画をご覧ください:

求められる声にこたえる

オーストラリアのマカダミア・ファンは、マカダミアについての情報やインスピレーションを求めています。特にオーストラリアの消費者は、新しいことを体験、探求し、それらを受け入れることを恐れず、信頼できるブランドを探し、自らのエネルギーと、関心、お金を投資してもよい、と思える製品を求めています。

この新たなキャンペーンは、オーストラリア、日本、中国、台湾、韓国で展開、世界中の消費者に「マカダミア」で新境地を開拓している人々やブランドの物語を紹介することで、マカダミアについて新たに発見、発掘、探求してもらうことが狙いです。

オーストラリアの象徴を知る

ニュージーランド出身のマーク・ハリソン氏は、冒険を夢見て14歳で渡豪。ブリスベンで職人として家を改築していたとき、初めてマカダミアの木と出会いました。

「そこにマカダミアの木があって、殻がどれだけ硬いかを初めてしったんだ。最初は石で割ろうとしたのが、ハンマーに変わり、最終的にはメガネレンチを使ったよ。ナッツを食べたらあまりにもおいしくて、やっとその硬さの意味がわかったよ。」と振り返りました。

Hands holding a macadamia in the husk

この最初のマカダミアとの出会いが、オーストラリア人の精神にとってマカダミアがどれほど重要かを理解しました。その後、家具製造会社での滞在をきっかけに、マカダミアの殻がもつ素材としての可能性の素晴らしさに目を向けたのです。

「私はいつも、少し変わったことをしてみたいと思っていました。」と彼は言います。「アートと製造を組み合わせて、何か変わったソリューションを見つけられないかと思ったのです。」

新しいアイコンの形成

スペインの企業がアーモンドの殻を使用して棺桶を作っていることを知っていたマーク氏は、サプライヤーがマカダミアの殻の粉末を見せたとたん、実験を始めました。粉末状のマカダミアの殻と樹脂を混ぜ合わせると、美しい滑らかな素材ができあがります。今ではオーストラリアデザインのアイコンとなっている、マカダミア型のボウルを作ったのです。

A Husque macadamia bowl

「マカダミアの殻は保温性に優れているので、触ると気持ちがいいんです。手に持つと自分の体温に調整します。それが、独特の触感を与えてくれます。」と説明しています。

マーク氏のスタジオで手作りされたこのボウルは、Husque(ハスク)や地元のギャラリーにて販売されています。2010年にオプラ・ウィンフリーがオーストラリアを訪れた際には、公式ギフトとしてこのボウルが贈られました。

マカダミアの木 プロジェクト

マーク氏の現在のプロジェクトは、マカダミアの木を使用し、美しくユニークな家具の取っ手を作ることです。多くの生産者は、剪定されたマカダミアの木の美しい木目を高く評価していますが、マーク氏は、この素材を扱う難しさを語っています。

A piece of macadamia timber

「数日から数週間のうちに木が割れてしまい、何も作業できなくなってしまいます。うまく均等にならないのです。」マーク氏は、短くて太い木を扱う技術を開発しなければなりませんでしたが、ここで彼のアーティストとしての創造性が発揮されました。

Sawing macadamia timber

「本当の意味でのひらめきは、木がまだ緑のうちに、乾燥する前に突き板をすることを考えたときでした。最終的には、午前中にマカダミアの木の枝を切り、午後には突き板で成形した取っ手を完成させることができるようになりました。私の腕くらいの大きさの木の枝から、20〜40個の取っ手ができあがります。」

Macadamia wood furniture handle

アートと工業の出会い

マーク氏の製品はインダストリアル(工業)・デザインの最先端を行っていますが、彼はアーティストであり、メーカーとして仕事に取り組み、素材の声を聴きながら作業を進めていきます。マーク氏のこのような実践的な創造性が、マカダミアを使った革新を成功させたのです。

「マカダミアは、オーストラリアではもちろんのこと、世界でも大きな存在になりつつあります。」と彼は言います。「私の人生の大切な一部でもあり、実際、Husqueは私のライフワークと言っても過言ではありません。」

マーク氏のストーリー 今後の「マカダミア・チェンジ・メーカー」の展開もご期待ください。

 

月間 Eニュースレター

「マカダミア・レビュー」に登録
  • このフォームを送信は、貴様にご連絡させていただくための個人情報収集であることに同意されたとみなします。詳しくは、プライバシーポリシーをご覧ください。 privacy policy

ニュース&レポート

See more news

行動する影響力 オーストラリア産マカダミアのストーリーを増幅させる強力なパートナーシップ

インフルエンサーマーケティングは、現代マーケティングの強力なツールとして登場し、驚くような成果もたらす可能性を秘めている。人気タレントの信頼性を頼りに、ブランドとターゲット顧客を正しく、かつインパクトのある方法で結びつけるこの方法は、オーストラリア・マカダミアのマーケティング戦略において効果的な要素であることが証明され、グローバルな事業拡大に貢献しています。

オーストラリアのマカダミア収穫を支える人々

オーストラリアのマカダミア産業は、国の東海岸に広がる豊かで肥沃な栽培地域を中心に、約800の生産者で成り立っています。ちょうど今の時期は、収穫作業が一年で最も忙しい時期。

俗説の払拭:科学的研究により、ナッツと体重増加の真実を確認

食生活トレンドが常に変動する世の中で、揺るぎない事実があります:ナッツは栄養価が高く、風味、食感、健康上の利点が揃っていること。食の魅力と利点が証明されているにもかかわらず、ナッツが体重増加につながるという根拠のない誤解が根強くあります。しかし、最近の科学的研究の数々が、この神話を否定しているのです。

SUBSCRIBE TO THE MACADAMIA REVIEW

and be the first to know about the latest news from the Australian macadamia industry.

  • このフォームを送信は、貴様にご連絡させていただくための個人情報収集であることに同意されたとみなします。詳しくは、プライバシーポリシーをご覧ください。 privacy policy