オーストラリア産マカダミア業界 洪水後のカムバック

Latest stories

June 2022 market report

2022年のグローバル収穫量は、二か所の最大産地での厳しい天候の影響にもかかわらず、2021年シーズンより6.4%増加と予測されています。オーストラリアの2022年シーズンの初期の収穫予測では、水分3.5%の殻付き54,930トン(水分10%の殻付き58,900トン)を予測していました。しかし、ニューサウスウエールズ 州と南東クイーンズランド州での悪天候と洪水により、5月にはこの予想から10%減っています。修正後の予測は、水分3.5%で殻付き49,340トン(水分10%で殻付き52,900トン)です。ニューサウスウエールズ州の生産者が最も大きな影響を受けており、2回の洪水に続く長雨が収穫をより困難なものにしています。一方、一部の地域で洪水が発生したにもかかわらず、南アフリカは最近、水分3.5%の殻付きで57,723トンから61,288トンに予測を増やしています。
Read More >>

インド市場を割る:なぜ今、オーストラリア産マカダミアなのか

オーストラリア・マカダミア産業は、ここ数年、世界的な供給増が予想される中、マカダミアの需要喚起に力を注いできました。新規市場開拓はこの戦略に欠かせない要素であり、オーストラリアの産業は中国と韓国で新規市場開拓プログラムを実施、消費者にマカダミアを紹介するとともに、両市場の自由貿易協定(FTA)を活用して成功を収めています。
Read More >>
See more news

マカダミアについて

業界基準

SUBSCRIBE TO THE MACADAMIA REVIEW

and be the first to know about the latest news from the Australian macadamia industry.

    • 当協会から返信させていただくため、貴方様の個人情報を取り扱わせていただく ことに同意をお願いいたします。当協会のプライバシー・ポリシーをご覧くださ い。