新しいマカダミア農園体験施設

先日、オーストラリアの主要なマカダミア生産地であるバンダバーグに、新しいマカダミアのアグリツーリズム施設がオープン。マカダミア産業のイノベーションへの想いが存分に発揮されました。

A family takes macadamia samples from a plate offered to them by a woman

マカダミア・オーストラリアのチームは10年前から、この地域でマカダミアの体験型観光を実現することを夢見ていました。マカダミア生産者の2代目、3代目として、彼らは日々マカダミア物語のさまざまな側面を生きていますが、マカダミアがどのように栽培されているのか、木から食卓に届くまでに何が行われているのかを直接体験したいという願いが、一般の人々にあることを知っていました。

その夢がついに実現したのが、最近オープンした「マカダミア・ビジター・エクスペリエンス」と「オーチャード・テーブル・カフェ」です。ディレクターのジャネル・ゲリー氏はチームがこの施設のオープンをとても喜んでいると語っています。

「マカダミアについて知りたい、地元産のものを買いたいという声があることは以前から知っていたので、このような場を提供できるのは喜ばしいことです。」

サステナビリティ物語

この新たな施設では、インタラクティブな展示、試食ポッド、小売スペース、カフェでのマカダミア料理、マカダミア果樹園でのピクニックなど、見ること、できることがたくさんあります。この体験の中心となるのは、栽培、加工、付加価値の各段階で取り入れられている持続可能な手法です。

「ビジターの方には、マカダミア栽培とマカダミア製品の製造のあらゆることを紹介しています。たとえば、土壌を守るための作業から、付加価値をつけるまで配慮まで。」

「マカダミアがオーストラリアの特産品であり、再生可能な農法で持続的に栽培されていることを知ってもらい、マカダミア産業を支援することに誇りを感じて帰っていただきたいと思っています。」とジャネル氏は語ります。

People looking at an interactive Sustainability display

ジャネル氏によると、この施設では、土壌の健康状態を改善し、炭素を貯蔵するために土に戻される有機物の展示のほか、再生可能な農業や害虫管理に役立つ益虫の使用についての詳細な情報も提供しています。

「また、サステナビリティ・ハブでは、殻割施設から出るマカダミアの殻を加工施設の電力として利用するなど、当社の環境への取り組みも紹介しています。」

Hands holding macadamia shells

知識欲を満たす

調査によると、82%の消費者がマカダミアを購入する際に原産地を重視すると回答しています¹。ビジターの体験は、近年の食品の原産地や透明性に対する消費者の関心の高まりに対応するために巧妙に設計されています。

「消費者は、自分の選択に対する意識が高まり、自分が運転する車から食べ物まで、すべてが環境に影響を与えていることを意識するようになりました。環境への影響を最小限に抑え、安全な環境で生産された食品を食べたいと思っています。」とジャネルは言います。

マカダミア・オーストラリアのチームは、この新しい施設を、一般的なマカダミアについてだけでなく、オーストラリア産マカダミアがなぜ特別なのかを消費者に伝えるための手段と考えています。

「オーストラリア産のマカダミアは、最高品質のものとして世界的に知られています。私たちの業界が成長し、より多くの人々がマカダミアを消費するようになれば、マカダミアの原産地を紹介できることが重要になるでしょう。」

A bowl of fresh fruit with chopped macadamias and chia seeds

パンデミックの影響でバンダバーグへの訪問者数は減少しましたが、ジャネルさんは、観光客が再びバンダバーグを訪れるようになれば、この施設は誰もが楽しめる必見のアトラクションになると言います。

「幸運なことに、マカダミアは世界中の多くの国で愛されていますが、多くの人はマカダミアがどのように栽培され、どこから来たのかをあまり知りません。

マカダミアだけでなく、木としてのオーストラリア固有の歴史や、この産業を特別なものにしているあらゆるものを、改めて理解して帰ってもらえるように、産業のあらゆる側面を世界中の来場者に紹介できるようになったことをうれしく思います。」と語ります。

好意的な反応

マカダミア・ビジター・エクスペリエンスは2021年10月にオープンしたばかりですが、土の中でどのように育ち、食卓に上るまでの知識のギャップを埋めるために注力している中、施設に寄せられたポジティブなフィードバックに圧倒されているとジャネルは言います。

Three children looking at ice cream in a display freezer at a cafe

「人々はマカダミアについてできるだけ多くのことを知りたいと思っています。私たちは、この業界を紹介し、人々がこの素晴らしい木とそれをケアする人々について様々なことを学び、感謝できる場所を提供できることを誇りに思っています。」。

マカダミア・オーストラリア・ビジター・エクスペリエンスとオーチャード・テーブル・カフェの詳細については、こちらをご覧ください。

画像出典元:Macadamias Australia


1 2020年カンター社による「Discover Macadamias 消費者インサイト 定量調査結果より」

Did you like this article?

Subscribe to the macadamia review to get more news like this delivered straight to your inbox.

    • 当協会から返信させていただくため、貴方様の個人情報を取り扱わせていただく ことに同意をお願いいたします。当協会のプライバシー・ポリシーをご覧くださ い。

SUBSCRIBE TO THE MACADAMIA REVIEW

and be the first to know about the latest news from the Australian macadamia industry.

    • 当協会から返信させていただくため、貴方様の個人情報を取り扱わせていただく ことに同意をお願いいたします。当協会のプライバシー・ポリシーをご覧くださ い。