調査結果:ナッツの日常的摂取を推奨する新たな結果

ナッツの味覚と食感が、長い間、スナックや食事、多くの食品・飲料製品によく加えられる理由でした。しかし、ナッツは美味しいだけでなく、体にも良いということがますます明らかになっています。

A woman holding a macadamia nut in one hand and a small container of macadamia nuts in the other

長年にわたる多くの科学的研究のおかげで、ナッツに含まれる栄養素と、それらが人の健康に果たす重要な役割について、しっかりと理解することができるようになりました。そのため、毎日一握りのナッツを食べることを推奨する声が高まっています。

ここでは、最近の研究結果を詳しく紹介し、マカダミア特有の健康効果について掘り下げます。

新たな研究レビュー:ナッツの心臓への健康効果を確認

ナッツを毎日一掴み食べることは、血中脂質プロファイルの改善につながることが、新しい大規模な研究レビューで明らかになりました。過去に発表された19の科学論文を調査したレビュー¹では、ナッツの摂取と以下の減少の間に強い関連性があることが示されました:

  • 総コレステロール
  • 悪玉コレステロール(低比重リポタンパクまたはLDL)
  • トリグリセリド

ナッツの摂取量は、これらのコレステロール低下作用の主要な要因であると指摘されています。研究レビューでは、日常的にナッツを食事に加えることで、体内で脂肪やコレステロールの運搬を助けるタンパク質であるアポリポプロテインBの血中濃度が低下し、「善玉」コレステロールの機能が向上するという予備的証拠にも言及しています。また、ナッツを加えることは、有害な小さく密な悪玉コレステロール粒子の数を減らすことにつながるかもしれません。

血中脂質プロフィールはなぜ重要なのか?

総コレステロール、悪玉コレステロール、中性脂肪の上昇、善玉コレステロールの減少など、血液中のあらゆる種類の脂質が不健康なレベルにある場合、「脂質異常症」と言います。この状態は、心血管疾患の危険因子としてよく知られており、世界的な死因の上位を占めています。

このレビューの著者によると、ナッツの摂取が血中脂質プロフィールを改善する方法については、複数のメカニズムが作用しているとのこと。ナッツの好ましい脂肪酸プロフィール、および栄養素と生物活性化合物のユニークで複雑な相乗効果が、その役割を担っているようです。しかし、これらのメカニズムをよりよく理解するためには、さらなる研究が必要です。

エビデンスの積み重ね

この最新の研究は、昨年発表された別の大規模なエビデンスレビュー結果に追加されたものです²。145のシステマティックレビューとメタアナリシスをまとめたこの「アンブレラレビュー」は、ナッツを食べない場合と比較して、1日に一握りのナッツを摂取することは、以下のようなさまざまな魅力的な健康上の利点と関連すると結論付けています:

  • 心血管疾患のリスクを21% 低減
  • 冠状動脈性心臓病のリスクを25% 低減
  • 心血管疾患による死亡リスクを22% 低減
  • がんによる死亡リスクを11% 低減
  • すべての原因による死亡リスクを22% 低減
  • 呼吸器疾患、感染症、糖尿病による死亡リスクの低減

マカダミア:身体、心、気分に良い。

マカダミアナッツの具体的な効能については、まだ解明されていないことがたくさんあります。乳製品フリー、砂糖フリー、グルテンフリーの料理や製品を求めている人に最適な、おいしい贅沢な食材です。しかし、それは単なる始まりに過ぎません。

心臓の健康

先に述べたナッツの心臓への健康効果に加え、マカダミアナッツはフィトステロール(または「植物ステロール」)を豊富に含んでいます。植物ステロールは、多くの植物性食品に含まれる天然物質で、コレステロールに似た構造をしており、悪玉(LDL)コレステロールの代わりに吸収されることで、血中コレステロール値を下げる効果があります³。 また、アルギニンというアミノ酸が含まれており、このアミノ酸は、血管を拡張させ、弾力性を維持させる化学伝達物質である一酸化窒素の前駆体として作用します。これは、血圧を下げるなどの効果があります⁴。

一価不飽和脂肪酸を含むナッツNo.1

脂質は、ビタミンEなどの脂溶性栄養素の吸収を助け、また満腹感を持続させる働きがあります⁵。しかし、脂肪にはいくつかの種類があり、すべての脂肪が同じように有益であるとは限りません。

良質な一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸は心臓の健康に有益であり、心臓病のリスクを低減します。これらの良質な脂肪の健康効果を活用したい消費者やブランドにとって、マカダミアは、木の実の中で最も一価不飽和脂肪の含有量が多いため、最適な選択肢です。マカダミアに含まれる総脂肪量の80%は、心臓に良い一価不飽和脂肪酸です。6, 7.

腸の健康

食物繊維には、体に良い影響を与える種類があり、マカダミアはこれらの必須食物繊維を兼ね備えています。マカダミアひとつかみには2gの食物繊維が含まれており、これは全粒粉パン1枚に匹敵します。8.

マカダミアのようなナッツ類には、腸内の自然な微生物叢の発酵食品であるプレバイオティックファイバー⁹も含まれています。このプレバイオティックファイバーが腸内細菌によって発酵されると、腸の内壁に有益な短鎖脂肪酸ガスが生成されます。この活動は、気分を安定させるホルモンであるセロトニン¹⁰を生成する役割を果たすとともに、体重管理、食欲、血糖値、免疫系に影響を与えるホルモンに影響を与えます¹¹。

脳の健康

マカダミアには、脳内の神経伝達物質の健全な維持を助ける銅、マグネシウム、マンガンが含まれています。健全な神経伝達物質は、良好な脳と精神の健康のための重要な構成要素です。また、マカダミアにはパルミトレイン酸という一価不飽和脂肪酸が含まれており、これはミエリン鞘の重要な構成要素となっています。この脂肪層は、神経細胞を絶縁して保護し、電気インパルスが脳を含む全身を効率的に伝達することを可能にします。12.

健康な心臓を持つことは、脳の健康につながります¹³。そのため、心臓の健康をサポートするマカダミアに含まれる一価不飽和脂肪酸、ビタミンE、抗酸化物質、その他の化合物は、脳の機能もサポートすることになります。脳は良好な血液供給を必要とするため、血管の健康は脳の健康にとって不可欠です。マカダミアにはオレイン酸(オメガ9)という一価不飽和脂肪酸が含まれており、炎症を抑える働きがあると言われています。

肌の健康

マカダミアには、抗酸化物質であるマンガンが有用量含まれています。これは、肌のコラーゲン生成に不可欠で、ふっくらとしたシワのない肌を保つのに役立ちます。また、マカダミアにはパルミトレイン酸が多く含まれており、パルミトレイン酸は、人間が自然に生成する成分ですが、加齢とともに減少し、肌の若々しさを取り戻すのに役立つと考えられています。14.

マカダミアはまた、タンパク質、カルシウム、カリウム、食物繊維、多くの抗酸化物質を含んでおり、それらはすべてわれわらの健康を支え、輝く肌、丈夫な爪、輝く髪を維持するために必要なものばかりです。14.

化粧品用のマカダミアオイルは、100%天然で、あらゆる肌タイプに対応するさっぱりとした保湿剤です。

更なる情報は

マカダミアの健康効果についてご質問がある場合は、オーストラリア・マカダミア協会までお問い合わせください。オーストラリアのマカダミアサプライヤーをお探しなら、サプライヤーディレクトリをご覧ください。


参考文献
1 Guasch-Ferré, M., et al. ナッツの摂取が血中脂質とリポ蛋白に及ぼす影響: 包括的な文献の更新。ニュートリエンツ、2023年 15:596.
2 Balakrishna, R., et al. ナッツと種子の消費と心血管、糖尿病、代謝性疾患、がん、死亡率などの健康アウトカム: An umbrella review. Advances in Nutrition, 2022. nmac077, https://doi.org/10.1093/advances/nmac077
3 Rocha, M., et al., A review on role of phytosterols: new insights into cardiovascular risk. Curr Pharm Des, 2011. 17(36): p. 4061-75.
4 Boger, R.H., L-アルギニンのファーマコダイナミクス. Altern Ther Health Med, 2014. 20(3): p. 48-54.
5 https://wisdom-site-nutsforlife-com-au.s3.amazonaws.com/uploads/2019/07/NFL516-NFL-Ready-Reckoner-2018-LR.pdf
6 Perfilyev A, Dahlman I , Gillberg L et al, Am J Clin Nutr. Impact of polyunsaturated and saturated fat overfeeding on the DNA-methylation pattern in human adipose tissue: a randomized controlled trial. 2017 Apr;105(4):991-1000.
7 Del Gobbo LC, Falk MC, Feldman R et al. 血中脂質、アポリポタンパク、血圧に対する木の実の効果:61件の対照介入試験の系統的レビュー、メタ分析、用量反応. Epub 2015 Nov 11.
8 https://www.betterhealth.vic.gov.au/health/healthyliving/fibre-in-food
9 https://www.monash.edu/medicine/ccs/gastroenterology/prebiotic/faq#4
10 Banskota S、Ghia J-E、Khan WI. 腸内のセロトニン: 祝福か呪いか。Biochimie. 2019;161:56-64. doi:10.1016/j.biochi.2018.06.008
11 Martin CR, Osadchiy V, Kalani A, Mayer EA. 脳-腸-マイクロバイオーム軸(The Brain-Gut-Microbiome Axis)。Cell Mol Gastroenterol Hepatol. 2018;6(2):133-148. 2018年4月12日公開。doi:https://plu.mx/a/?doi=10.1016/j.jcmgh.2018.04.003
12 Kim E, Ko HJ, Jeon SJ, et al. マウスのスコポラミン誘発認知障害に対するエルカ酸の記憶増強効果. Pharmacol Biochem Behav. 2016;142:85-90. doi:10.1016/j.pbb.2016.01.006
13 Grodstein F. Cardiovascular risk factors and cognitive function. Alzheimers Dement. 2007;3(2 Suppl):S16-22. doi:10.1016/j.jalz.2007.01.001.
14 https://www.nutsforlife.com.au/resource/macadamias/

月間 Eニュースレター

「マカダミア・レビュー」に登録
  • このフォームを送信は、貴様にご連絡させていただくための個人情報収集であることに同意されたとみなします。詳しくは、プライバシーポリシーをご覧ください。 privacy policy

ニュース&レポート

See more news

オーストラリアのマカダミア収穫を支える人々

オーストラリアのマカダミア産業は、国の東海岸に広がる豊かで肥沃な栽培地域を中心に、約800の生産者で成り立っています。ちょうど今の時期は、収穫作業が一年で最も忙しい時期。

俗説の払拭:科学的研究により、ナッツと体重増加の真実を確認

食生活トレンドが常に変動する世の中で、揺るぎない事実があります:ナッツは栄養価が高く、風味、食感、健康上の利点が揃っていること。食の魅力と利点が証明されているにもかかわらず、ナッツが体重増加につながるという根拠のない誤解が根強くあります。しかし、最近の科学的研究の数々が、この神話を否定しているのです。

抽出から革新へ:マカデミアオイルが料理と化粧品のヒーローである理由

マカダミアオイルはしばしば「黄金の液体」と表現されますが、その健康効果と多様性を詳しく見てみると、その由来がよくわかります。コレステロール、ナトリウム、糖分、トランス脂肪酸を含まず、ビタミンE、心臓に良い一価不飽和脂肪酸、パルミトレイン酸、植物ステロールの供給源でもあるマカダミアオイルは、家庭のキッチンや食品だけでなく、アンチエイジング・スキンケアにも使える万能オイルなのです。 

SUBSCRIBE TO THE MACADAMIA REVIEW

and be the first to know about the latest news from the Australian macadamia industry.

  • このフォームを送信は、貴様にご連絡させていただくための個人情報収集であることに同意されたとみなします。詳しくは、プライバシーポリシーをご覧ください。 privacy policy