2021年 オーストラリア産マカダミア 期待以上の収穫

2021年オーストラリア産マカダミアは、殻付き51,500トン(含水量3.5%、10%では55,200トン)の収穫量を生産、と業界団体であるオーストラリア・マカダミア協会(AMS)が本日発表しました。

これは、2020年の収穫量46,900トン(含水量3.5%、10%で50,300トン)の10%増に相当します。

ニュー・サウスウェールズ州の産地では、年初の悪天候により一部の地域で収穫量が減少したため、業界は7月に当初の予想を水分3.5%で48,500トン(10%で52,000トン)に下方修正していました。

しかし、当協会のCEOであるジョリオン・バーネット氏によると、ニュー・サウスウェールズ州の収穫量が減少したにもかかわらず、クイーンズランド州の生産は好ましい天候と良好な収穫条件に恵まれ、比較的良好なシーズンであったと述べました。

「クイーンズランド州南東部の生産は、悪天候に見舞われることもなく、2020年よりも高い収穫量となり、とても良好な年となりました。

また、最終的な収穫数値は、新規作付け(主にバンダバーグとクラレンス・バレー)が予想よりも早く生産、収穫につながったことがプラスの影響になりました。

収穫物の品質はとてもよく、不良品の発生も低いうえ、ナッツの大きさも例年と同じ大きさに戻っています。

2022年に向けての準備はすでに始まっており、全生産地域では美しい花が咲いており、適時適度な降雨もあります。

2021年の収穫量は、オーストラリア・マカダミア・ハンドラーズ・アソシエーション(AMHA)の11月末までの実際の工場入荷量に基づいています。

AMHAは、オーストラリアのマカダミア収穫量全体の90%以上を占めています。

ご質問、お問い合わせは: 

オーストラリア・マカダミア協会 ジャパン・トレード レプレゼンタティブ 望月英子 まで。

Did you like this article?

Subscribe to the macadamia review to get more news like this delivered straight to your inbox.

    • 当協会から返信させていただくため、貴方様の個人情報を取り扱わせていただく ことに同意をお願いいたします。当協会のプライバシー・ポリシーをご覧くださ い。

SUBSCRIBE TO THE MACADAMIA REVIEW

and be the first to know about the latest news from the Australian macadamia industry.

    • 当協会から返信させていただくため、貴方様の個人情報を取り扱わせていただく ことに同意をお願いいたします。当協会のプライバシー・ポリシーをご覧くださ い。