9月 市場レポート

堅調なグローバル供給、オーストラリア産カーネル販売改善

供給

2021年のオーストラリア産マカダミア収穫量予測は、50,770トンから48,500トン(殻付き水含量3.5%)へと4.5%下方修正されました(殻付き水含量10%では54,440トンから52,000トン)。ニュー・サウス・ウェールズ州の生産地域では、ここ数ヶ月の悪天候により、初期の収穫が遅れたため、当初の予測よりも物理的な作物の損失につながりました。今季オーストラリア・マカダミアの収穫が収穫された今、実の大きさは標準的、カーネルの収量高はわずかに減少したものの、全体的な品質は非常に良好です。

2021年シーズンの世界予測は、239,034トン(殻付き水含量3.5%)となり、5%増加です。オーストラリアの修正収穫値は前年の干ばつの影響によるものですが、ほとんどの地域で良好な生育状況が続いており、昨年の収穫量を約3.5%上回る見込みです。マカダミア・南アフリカ(SAMAC)が発表した2021年の収穫量予測は、57,834トンから54,174トン(共に殻付き水含量3.5%)、に減少していますが、これは2020年シーズンよりも11%高い結果です。中国とマラウイでは堅調な収穫が見込まれていますが、ケニアでは課題が続いています。

需要

世界銀行によると、COVID-19パンデミックの発生から1年半が経過し、世界経済は力強い回復を見せていますが、多くの国がウイルスへの対応に追われているため、その回復は国によってばらつきがあると予想されています。これに伴い、世界のマカダミアカーネル総輸入量の需要も同様に改善しています。米国を除くすべての主要地域で、前MAT期間(6月~5月)に比べて増加。ここ数ヶ月の米国からの関心は高く、この市場への輸入は改善されることが期待されます。中国/香港は33%増と成長の主な要因となっています。殻付きの輸入量は2018年以来最高の11,172トンとなり、前MAT期間と比較して35%増加しました。これは、急速な経済回復、好調な旧正月、Eコマース分野での競争激化によりTier2および3都市への流通が拡大したことが要因です。

オーストラリア産の市場シェアは、引き続き優先市場で維持されています。ただし、台湾は例外で、他の国生産との競争が激化しています。

オーストラリアの売上高

オーストラリア産マカダミアカーネルの販売は、世界的なトレンドに沿って、特定の市場で多少の変動はあったものの、すべての主要地域で前年同期比で増加、顕著な改善を見せています。オーストラリアの売上が最も早く回復した市場は韓国で、60%増でした。また、国内売上高が前年同期比10%増加したことも喜ばしいことです。国際市場の混乱と豪ドル高により、国内の購入者にとっては入手しやすさと価値が向上しました。外食産業の断続的な閉鎖や、在宅勤務者の増加により、家庭料理のトレンドが加速しました。消費者は「贅沢」という概念を再定義し、激動の時代に気分や健康を支えるために、健康的で栄養価の高い食品で栄養を補給しています。

Did you like this article?

Subscribe to the macadamia review to get more news like this delivered straight to your inbox.

    • 当協会から返信させていただくため、貴方様の個人情報を取り扱わせていただく ことに同意をお願いいたします。当協会のプライバシー・ポリシーをご覧くださ い。

SUBSCRIBE TO THE MACADAMIA REVIEW

and be the first to know about the latest news from the Australian macadamia industry.

    • 当協会から返信させていただくため、貴方様の個人情報を取り扱わせていただく ことに同意をお願いいたします。当協会のプライバシー・ポリシーをご覧くださ い。