9月 市場レポート

オーストラリア産業 COVID-19 による混乱にもかかわらず、状況は良好

供給

2020年オーストラリア産マカダミアの収穫は終了し、収穫状況はおおむね良好、ナッツの品質も良好です。

南アフリカを除く全ての生産地では、収穫予測量に近い収穫量の達成が見込まれています。

6月にマカダミア南アフリカ(SAMAC)は、2020年の最新収穫予測を49,503トン(殻付き含水量3.5%)と発表しました。これは2019年の収穫量59,050トンよりも約16%低く、また、当初の予測よりも約20%低い数値です。これは、開花期の異常な暑さと全体的な干ばつによる減少とされています。

世界の供給量は昨年より約7%減少、と予想されています。

需要

2020年5月までの12ヶ月間、主に2019年第1四半期に記録的な出荷量となった2019年と比較すると、2020年第2四半期にはCOVID-19による不透明感のなか、多くの市場では輸入量が減少しました。しかし、2018年と比較すると、全体的な輸入は16%増となり、依然として好調です。

現在、コロナウイルスによる影響は明らかであり、国際輸送では小規模ながらも混乱があり、より短期的な購入パターンがみられるようになっています。しかし、第3四半期に売上高は改善しており、オーストラリアの産業は顧客と市場基盤が多岐にわたるため、安定していると言えるでしょう。

オーストラリア産販売

2018年7月から2019年6月までのカーネル供給量は、豊作であった2018年の影響もあり高水準で推移、その結果、販売量も例年より増加しました。2019年の収穫量の減少、およびCOVID-19の影響による2020年第2四半期により販売量は、約1万トンと以前の水準に戻っています。

結果は、スナック形態の販売が好調に推移し、原料販売は減少。過去6ヶ月間の小売業の売上高は、消費者の食品の蓄え傾向により、大幅に増加しています。旅行業や小規模小売業は、客足の減少により影響を受け続けていますが、大規模小売チェーンの全体的な売上高は、堅調と予想されます。

外食産業はCOVID-19による制限を余儀なくされたため、多大な影響を受けているうえ、製造業もサプライチェーン混乱の影響を受けています。過去3年間に行われたこれらのセクターへのマーケティングへの力強い投資は、オーストラリア産業のよりよい位置づけを期待できます。

Did you like this article?

Subscribe to the macadamia review to get more news like this delivered straight to your inbox.

SUBSCRIBE TO THE MACADAMIA REVIEW

and be the first to know about the latest news from the Australian macadamia industry.