March 2022 market report

厳しい市場環境にありながらも回復力を維持するオーストラリア産業

供給

オーストラリア産2022 年において発表された当初の収穫予測では、水含量 3.5%で 54,930 トン殻付き(水含量 10%で 58,900 トン)でした。しかし、今回の異常気象の影響がもたらした被害の全貌が確認でき次第、5月には下方修正される可能性があります。 

マカダミア南アフリカ(SAMAC)の2022年産の現在の予測は、乾燥殻付き57,723トン(水含量 10%で62,215トン)で、2021年より8%高い数字となっている。

Graph of global macadamia crop volumes 2017-2021

需要

上位5市場全体で、マカダミア・カーネルの輸入量は前MAT期間比6%増加しています。中国/香港(21%増)と国内市場(10%増)が好調で、日本も若干の改善が見られる(7%増)ものの、ヨーロッパ(3%増)とアメリカ(0%)の2大市場は大きな伸びがありません。

市場関係者によると、COVIDがスナック市場に与える影響が限定的であるため、ホールカーネルへの需要は引き続き堅調です。しかし、2年にわたる家庭外消費の減少や海外渡航制限の継続により、原料の価格競争が激化しています。

中国への殻付き輸入量は、2020年(MAT1月~12月)と比較して2021年は大幅に増加(54%増)しており、市場関係者は、中国の作柄が予想を下回ったことが原因であると指摘しています。オーストラリアの輸入量は1,500トン(13%)増と報告されていますが、主な動きは南アフリカ、グアテマラ、米国、ジンバブエとなります。

Graph of macadamia kernel imports to top 5 markets MAT Dec to Nov

オーストラリア売上高

オーストラリア産カーネルの売上は、アジアとヨーロッパでの好調なうえ、米国での売上増加により、COVID前の水準に近づきつつあり、全体としてオーストラリアの業界は回復力を実証しています。

AMHAは、日本を除くすべての主要なアジア市場において、2021年12月までのMAT期間に前年比の堅調な売上増加を報告しました。特に韓国と中国へのカーネル販売が好調(それぞれ40%増と67%増)。オーストラリアは、FTAの優位性により、韓国市場で引き続き支配的な地位を占めています。オーストラリアの米国向け売上は、継続的に改善しています。

2022年を展望すると、オーストラリア業界にとっての主要な課題は、原料としてのカーネルにおける世界的な価格競争の継続、コストの増加、およびサプライチェーンの複雑性にあり、この状況は2023年まで続くと予想されます。

Graph showing Australian macadamias sales MAT Jan to Dec

Did you like this article?

Subscribe to the macadamia review to get more news like this delivered straight to your inbox.

    • 当協会から返信させていただくため、貴方様の個人情報を取り扱わせていただく ことに同意をお願いいたします。当協会のプライバシー・ポリシーをご覧くださ い。

SUBSCRIBE TO THE MACADAMIA REVIEW

and be the first to know about the latest news from the Australian macadamia industry.

    • 当協会から返信させていただくため、貴方様の個人情報を取り扱わせていただく ことに同意をお願いいたします。当協会のプライバシー・ポリシーをご覧くださ い。