December 2021 market report

需要が回復する中、堅調なオーストラリア産の生産と販売

供給

2021年オーストラリア産マカダミアの収穫量は、51,500トン(殻付き 含水量3.5%、10%で55,200トン)に達しました。これは2020年よりも10%の増加となり、前年の干ばつの影響が続いているにもかかわらず、多くの地域では生育状況が良好であったためです。クイーンズランド州の生産地域は堅調に推移し、バンダバーグでは5年から10年目の樹々が実をつけており生産が増加し続けています。

INCが発表した2021年シーズンの世界予測は、240,424トン(殻付き 含水量3.5%)と、5%強の増加となっています。マカダミア・南アフリカ(SAMAC)が発表した2021年の収穫量予測は54,174トン(殻付き、含水量3.5%)で、2020年シーズンより11%増加しています。ケニアの発表では、2021年の収穫量は37,000トン(含水量3.5%)となっています。中国とマラウイでは、堅調な収穫が見込まれています。

2022年に向けて、オーストラリアの天候は開花に適しています。若木の健康状態は良好で、新たに植えられた木には、この先の商業的に対応できる量が実ることが期待されています。

需要

ナショナル・オーストラリア銀行の10月の発表によると、COVID-19からの景気回復は、世界各地で様々な速度で進行しており、その結果、市場ごとに成長トレンドに大きな差が生じています。全ての地域に共通しているのは、サプライチェーンが障害となりグローバルネットワークに混乱をもたらし、業界に困難をもたらしていることです。

全世界のマカダミア・カーネルの輸入需要は、このような偏りを反映しており、アジア市場は成長し(日本と中国・香港はそれぞれ19%と15%増)、ヨーロッパは安定しており、米国は前年比21%減と大きく後退しています(MAT9月-8月)。海外からの渡航制限が2021年も続く中、ハワイ産は国内で消費され、米国へのカーネルの輸入需要は減少しました。

中国・香港への殻付きマカダミアの総輸入量は、前年同期に記録的な輸入販売があったため、16%減少しました。しかし、オーストラリア、ケニア、グアテマラは、他の原産地を差し置いて、この市場で大きな成長を遂げました。南アフリカとオーストラリアは、この殻付き市場における主要なサプライヤーであり続けています。

オーストラリア販売

オーストラリア・マカダミア産業は、2020年にCOVID-19パンデミックという世界的な課題に直面しても、その回復力を証明しました。世界市場におけるオーストラリア産マカダミアの品質の高さと、強固な取引関係により、2021年のオーストラリア産カーネルの売上高は上昇しました。

オーストラリア産マカダミア・カーネルの販売は非常に好調で、すべての地域で前MAT期間よりも成長。韓国は、オーストラリアの販売が最も急速に回復している市場の一つであり、65%の増加となりました。米国向けの販売は改善し、オーストラリアの市場シェアは5%から7%に上昇しました。国内市場向けの売上は、前年同期比14%増となりました。

Did you like this article?

Subscribe to the macadamia review to get more news like this delivered straight to your inbox.

    • 当協会から返信させていただくため、貴方様の個人情報を取り扱わせていただく ことに同意をお願いいたします。当協会のプライバシー・ポリシーをご覧くださ い。

SUBSCRIBE TO THE MACADAMIA REVIEW

and be the first to know about the latest news from the Australian macadamia industry.

    • 当協会から返信させていただくため、貴方様の個人情報を取り扱わせていただく ことに同意をお願いいたします。当協会のプライバシー・ポリシーをご覧くださ い。